輸送の安全に関する基本的な方針
1.輸送の安全に関する基本的な方針
(1) 車長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。
(2)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
【平成29年度目標に対する結果】                                   (1)人身交通事故(車内事故を含む) 0件 目標達成                          (2)有責物損交通事故       0件 目標達成                           【平成30年度の目標】                                        (1)人身交通事故(車内事故を含む) ゼロ                              (2)有責物損交通事故       ゼロ   
平成29年度事故統計(自動車事故報告規則第2条に規定する事故) 
 重大事故   0件
輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統
「安全輸送に関する組織図」の通り
輸送の安全に関する重点施策
(1)輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守すること。                                           (2)輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。           (3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じる。              (4)輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内においても必要な情報を伝達、共有すること。    (5)輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施すること。